2011年度中国人従業者 社会保険費用徴収情況の通告について
中文 | English | 日本語

各社会保険を参加する会社:
  《上海市都市従業者養老保険方法》の精神により、2011年度従業者社会保険費用納付基数の調整申告はすでに開始された。毎年一回の調整をスケジュール通りに完成させ、当社の尽くすべきサービスを順調に行うために、今、2011年度中国人従業者社会保険費用徴収の若干問題につき、御社へ以下のように通告いたします:

  1. 当市社会保険に加入する従業者の社会保険費用納付基数は昨年度該当従業者の月間平均賃金により確定される。今回の申告につき、各企業は社会保険費用を納付すべき従業者の2010年度(2010.12010.1212ヶ月未満の場合、実際の勤務期間を計算する)の月間平均賃金収入を記入すべきである(この申告と計算方法も年度社会保険監察の要求を一致とする)。従業者の月間平均賃金が昨年度都市全体従業者月間平均賃金の300%を上回る場合、上海市社会保障センターは昨年度の都市平均月間賃金の300%を納付基数とする。従業者の月間平均賃金が昨年度都市全体従業者の月間平均賃金の60%を下回る場合、都市平均月間賃金の60%を納付基数とすることになります。当市社会保障センターは企業の記入内容により、その上限数及び下限数を確定する。
  2. 社会保険センターの文書<滬労保基発(20067>及び社会保険費用納付基数調整規則により、当年(20111月から3月まで)の新入社員が社会保険費用納付基数の申告規則は以下である:
    1. 2011年1月から3月までの新入社員の社会保険費用納付基数は、入社後全月実際的な賃金収入に基ついて申告する。全月足りない場合は来月実際的な賃金収入に基づいて申告する。
    2. 2011年1月から3月までの新入社員にとって、2011年4月の納付基数は入社当月の納付基数と同じにする。
  3. 2010年度社会保険費用の構成

番号

項目

費用納付基数

費用負担比例

企業

個人

1

養老保険

2011年度従業者の月間社会保険の納付基数は、2010年度該当従業者の月間平均賃金により確定される。
個人納付基数の上限数と下限数は、後ほど公表される2010年度の都市全体従業者の月間平均賃金によって確定される。

22%

8%

30%

2

医療保険

12%

2%

14%

3

出産保険

0.5%

0%

0.5%

4

失業保険

2%

1%

3%

5

労災保険

0.5%

0%

0.5%

合 計

37%

11%

48%

42011年度社会保険費用納付基数の調整時間

  • 現在使われている中国人従業者社会保険費用納付基数は、規定により2011年3月末までに実行される。
  • 本日から3月4日までの間は、中国人従業者社会保険費用納付基数の調整時間帯である。次の原因にもとづいて、御社は雇用している各中国人従業者の社会保険費用納付基数を、改めて確定し、そのうえ、《2011年度従業員社会保険費用納付基数申告表》を当社に届けてください:
    • 2009年7月に社会保険センターが新たな規則を公布した: 従業者の生育手当の基準は3月申告する4月の新しい納付基数に従い計算され、4月後に調整された納付基数はその基準にならない。
    • 2011年の社会保障の会計監査を行なうかどうかは、会社の一人当たりの2010年度月間平均賃金の精度に基づいて決められる。その平均賃金は3月に申告する4月の新しい納付基数に従い計算され、4月後調整した納付基数は統計の範囲に属しない。

5職位コードの記入に関する事項
申告用紙の対応コラムに各在職している人員の職位コードを記入してください(数字により構成される6桁のコードである)。去年申告したコードの調整を直接訂正してください。
コードは
http://www.12333sh.gov.cn/200912333/2009wsbs/bgxz/01/201008/P02010110936577906211.pdfへの登録あるいはhttp://www.efesco.com/pub/notice/2011/0118_1.pdf、《2011年度職位コード対照表》の電子バージョンをダウンロードし、コードの貼り付けもできる。その他、上海FESCOのコール·センターに電話(962002)をかけ、当社のコンサルタントの指導に従い、記入を完成することもできる。
6承諾書について
上海市社会保険センターの規定により、費用納付を履行する会社は従業員の賃金収入を記入する際、当該従業員本人の署名での確認が必要とする。御社は賃金基数を申告する(E-mail申告)と同時に、従業員本人からの署名確認を確保し、従業員の署名確認のオリジナル資料を保留するべきでありながら、社会保障センターに“会社全員2010年度月次平均賃金収入申告説明を含める承諾書(会社の捺印が必要で、426日前に上海外服が移送する)を提出するべきである。
7電子データ(E-mail)で申告することについて
今回費用納付基数の申告は、電子データ(E-mail)で行われる。
電子データの申告プロセス:
①当社は、御社へ電子データで申告用紙を送付し、且つ受け取る状況につき、御社と確認する。
②御社は記入を完了後、申告内容を電子データで、所属の営業サービス部門へフィードバックする。(承諾書は原本でなければならない)

  社会保険費徴収に関する調整は、一つの政策性の強いことであり、且つ時間の制限もあります。本情況通告を受け取ってから、御社が現在雇用している中国人従業者に対する社会保険基数を計算してください。3月4日までに各業務サービス部門へのフィードバックをよろしくお願い申し上げます。不明がある場合、各業務サービス部門へお問い合わせください。
ご協力をありがとうございます!
以上

上海市対外服務有限公司
二O一一年一月十九日

アペンディックス

  1. 2011年度従業員社会保険費用賃金基数申告表(及び申告表の説明書)
  2. 会社2010年度全員月間平均賃金収入申告説明(承諾書)
  3. 政府が賃金収入についての規則と操作方法
    ◇労社険中心函〔2006〕60号
    ◇滬労保基発(2006)7号
    ◇納付基数の計算の追加説明