上海外服 「2008給与分析、
最新人事政策報告会」のご案内

 

資源高による景気悪化から、未曾有の金融危機への直面と2008年は厳しく、変動の激しい1年でした。加えて、中国の人材市場では労働契約法の施行、有給休暇実施弁法の施行、最低賃金の高騰から凍結…と政策変化の影響も大きい1年でした。各地の平均賃金の上昇が発表されていますが、外資系企業の実態を分析、理解しておくことは、今後の人事戦略を考える上で重要な事と思われます。

この度、上海外服の納税代行データから分析した、2008年の外資系企業ホワイトカラーの給与実態をご報告致します。併せて、最新人事政策のご報告を致します。情報収集の機会としてご 活用下さい。
上海外服2008給与分析

分析期間    :2008年1月~12月
分析対象    :上海市対外服務有限公司 所得税代納データ
分析方法    :個人所得税納税額からの報酬額算出
サンプル数  :5,742社、115,942名 
2008給与分析サンプル概要:http://www.efesco.com/mix/mail/japan/090410_1.ppt
調査、分析  :上海市対外服務有限公司 薪酬服務中心


対象:日系企業経営、人事ご担当者 (日本語のみ)
日時:2009年5月13日(水)13:30~15:30(満員のため、これから申し込み方の参加時間は16:00~18:00に変更させていただきます。)
会場:上海市対外服務有限公司 本社ビル1211会議室 (上海市金陵西路28号、金陵大厦)
参加費:無料(定員50名)
プログラム: 
13:30-14:30 2008給与分析報告
        ・金融危機の人事施策と賃金政策への反映(日系、非日系企業動向)
        ・業種別動向(賃金水準、賃金上昇動向、人材需要動向)
        ・性別、年齢階層別、学歴別 分析
14:30-15:00 最新人事政策報告
        2009年度社会保険基数/有給休暇制度の運用/女性三期対応施策/上海市就労促進政策
        /上海市居住証政策/困難企業負担軽減政策 等
15:00-15:30 質疑応答

お申込み:下記に必要事項をご記入の上、ご返信(送信)下さい。締め切り:5月8日(金)
お問い合わせ:日本部 畑伴子 thata@efesco.com   Jacqueline胡 huyuanlu@efesco.com
TEL 21-6372-1888*1639/1602   FAX 21-6385-8981  

貴社名
ご芳名
お役職
電  話
E- mail